アルジャジーラカフェのDrupal8によるサイトリニューアル

この記事は 「Taste of Drupal: New Al Jazeera Cafe Website」 の翻訳です。
Al Jazeera Cafe



2015年4月、中東で最大のメディアネットワークであるアルジャジーラは、ドーハで新しいレストランをオープンしました。ここでは誰もが簡単にニュースを作成するプロセスを体験でき、アルジャジーラのスターと交流することができます。

アルジャジーラ・カフェの開設から約1カ月後、エンタープライズ・マネジャーのMohammed Al Rumaihi氏ははドーハ・ニュースのインタビューで次のように述べています。

「私たちはソーシャルメディアやTVなどを通して、情報を視聴者に伝える典型的なチャンネルになるつもりはありませんでした。私たちは視聴者とよりソフトな環境で直接的なな交流をしたいと思っていました。

今や、アルジャジーラ・カフェはフードゾーンとインタラクティブ・メディアスタジオ、ライブ放送ユニット、博物館の展示物を組み合わせた有名な場所となりました。メディアネットワークは視聴者と距離を縮めつつあります、Vardotが手掛けたアルジャジーラカフェウェブサイトの立ち上げは、その重要なステップの1つです。

アルジャジーラの別のDrupalウェブサイト

私たちのブログを頻繁にチェックしているようでしたら、Vardotはメディア業界および、教育業界向けのウェブサイトの作成に豊富な実績を持つことをご存かと思います。

それにもかかわらず、我々の技術的な専門知識を良く理解しているアルジャジーラは、近代的なカフェのウェブサイトの構築を私達に依頼しました。

私たちはカフェについて表現するだけでなく、最高のメディア、料理、技術を組み合わせたウェブエクスペリエンスの開発を行いました。 アルジャジーラカフェのウェブサイトのデザインは、他のアルジャジーラサイトと同様です。

さらに、これまでのアルジャジーラにおける、すべてのプロジェクトと同様にDrupalを採用することで、クライアントに便利な編集機能を提供しました。Drupalを利用してコンテンツの管理を行うメディアネットワークはますます増えています。Drupalを導入する事で組織内における、情報の各種変更や管理が容易になります。

Drupalは最高のセキュリティと技術基準に従って構築され、サイト管理者は数回のクリックでコンテンツを管理でき、高いトラフィックを処理する事が可能という、お客様のニーズに合った理想的なプラットフォームです。

ユーザーエクスペリエンスとSEOについて

サイトの開発に当たっては、最新のユーザーエクスペリエンスとSEOトレンドを念頭に置いていました。まず、ウェブサイトのトップページに表示されるのは、アルジャジーラのスタッフである私たちのメンバーがキャプチャしたビデオです。

これは、2015年の主要なウェブデザインのコンセプトの1つに対応し、他方では2016年のSEOトレンドに沿ったものです。この高品質なビデオはこのウェブページの明確なアピールポイントです。

このカフェのモットーは「アルジャジーラの味を体験してください」です。私たちはレストランに行く前にサイトを通して味見をしていただけるように、最善を尽くしました。あなたがどこからでもアルジャジーラカフェの雰囲気を感じることができるように心がけました。Instagram、Facebook、Twitterなどで#AlJazeeraCafeを検索すると、カフェ内のカメラの前でニュースを呼んでいるお客様を表示したり、メニューをクリックすると、あなたのお腹を満たす、各種フードメニューをご覧いただけます。

このウェブサイトには、カフェやイベント、ニュース、連絡先、地図、メニュー、たくさんの美しい画像、ソーシャル共有ボタンなど様々なコンテンツが表示されています。

そして、私たちのチームは、閲覧者の快適なブラウジング体験を保証するために、画面解像度が異なる通常のデスクトップPCから携帯電話やタブレットまで、画面解像度が異なるあらゆる種類のデバイスでページが完璧に閲覧できるようにしました。

結論

このプロジェクトは、Drupalが教育分野や電子商取引、メディア企業だけでなく、レストランやカフェのサイトにおいても最大限の効率を発揮することを示しました。Drupalを利用する事で、カフェ訪問者にユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供し、メニューセクションなどのような特定のコンテンツを簡単に管理することができます。 アルジャジーラメディアネットワーク とその視聴者をつなぐ新しいウェブサイトをこちらからチェックしてください!

この記事に対するANNAIのコメント

中東最大の報道機関であるアルジャジーラでは、積極的にDrupalを導入しています。今回はカフェのサイトでしたが、アルジャジーラの本体サイトもDrupal8で制作された代表的な事例の一つでもあります。英国のBBCでも多数のサイトにDrupalが導入されています。これらの大規模なメディアサイトにおいては、日々、大量のコンテンツを多くの関係者が執筆し、サイト上に掲載し、レビュー後に公開するというワークフローを必要とします。Drupalの強力かつ柔軟な権限設定はこれらのワークフローを実現するのに最適です。また、多言語で情報を配信する場合にもDrupalは最適なプラットフォームです。