ANNAIマガジン
Drupal 8インストール方法:XREA編
この記事の目次

はじめに

今回はXREAの無料プランにDrupal 8をインストールしてみました。無料プランの条件である広告が挿入されますが、問題なく動作することを確認しました。以下、実際の手順を紹介します。

準備

料金プランについて

XREAには、広告が挿入される代わりに無料で利用できる「XREA Free」、12か月契約で月額191円で利用できる「XML Plus」、メールとバックアップ専用の「Mail & Backup」の各プランがあります。今回は無料のXREA Freeを利用しますが、有料プランには7日間のお試し期間があるので、これを利用して試用・評価を行うこともできるでしょう。

バリュードメインのユーザー登録

XREAを利用するには、まずバリュードメインのユーザー登録(無料)が必要です。バリュードメインのアカウントがない場合は、まず下記URLからユーザー登録を行います。
https://www.value-domain.com/signup_buy/

今回は「d8test」というユーザー名でアカウントを作成しました。フォームを送信すると、「確認パス」とログインURLを記載した登録完了メールが送信されます。URLからログインし、確認パスを入力して登録が完了します。

XREAのアカウント作成

次に、下記URLのページでからXREAのサーバーアカウントを作成します。
https://www.xrea.com/signup/

XREAアカウントの取得・作成

ここでは、バリュードメインの登録ユーザーと同じ「d8test」という名前にしました。登録フォーム送信後、サーバーの準備ができると通知メールが送信されます。管理画面やFTPサーバーへのログインに必要な情報が記載されているので、大切に保管しておきます。なお、XREAでサーバーアカウントを登録すると、アカウント名と同じ名前の .shop ドメインが無料で付与されます。今回の例では d8test.shop というドメインが付与され、これがデフォルトのサーバードメインとなります。

登録したサーバーアカウントでXREAにログインすると、管理画面が表示されます。ここから、ドメイン設定、Webサイトの設定、データベース操作、メールアカウントの設定などが行えます。

XREAの管理画面

SSH接続の設定

XREAはSSH接続が可能です。ただし、管理画面から接続元のIPアドレスを登録しておく必要があります。具体的には、サイト設定のメニューから「ツール/セキュリティ」の「SSH接続IP許可」という項目に移動し、現在接続中のIPアドレスからのSSH接続を許可します。設定後、5分程度で標準の22番ポートにSSHクライアントから接続できるようになります。

SSH接続IP許可

パスワード認証が許可されているので、先の通知メールで送信されたパスワードを入力するとログインできます。なお、公開鍵を登録しておけば鍵認証も可能です。

インストール手順

サーバーアカウントの準備ができたら、いよいよDrupalのインストールに入ります。

サイト設定

管理画面の「サイト設定」から、公開される各サイトの設定を確認/変更することができます。最初の状態で d8test.shop と www.d8test.shop が登録されており、前者は後者にリダイレクトされる設定になっています。今回はメインの www.d8test.shop にDrupal 8をインストールすることにします。ホームディレクトリの public_html ディレクトリが、このサイトのドキュメントルートになります。

XREA サイト設定

なお、PHPのバージョンもここから変更することができます。現状XREAでは、PHP5.3から7.2まで選択肢がありますが、今回はデフォルトのPHP7.0をそのまま使用することにします。

Drupal 8のダウンロードと展開

次に、ドキュメントルート(~/public_html)にDrupalのファイルを展開します。SSHでログインし、次のコマンドを実行して、Drupal 8の最新のアーカイブをダウンロードします。

$ wget https://ftp.drupal.org/files/projects/drupal-8.6.1.tar.gz

.tar.gz ファイルを取得したら、次のコマンドを実行して、public_htmlの下にアーカイブの中身を展開します。

$ tar xzf drupal-8.6.1.tar.gz -C public_html --strip=1

MySQLデータベースの作成

次に、Drupal用のデータベースを用意します。XREAの管理画面で [データベース] - [MySQL] を選択して「MySQL一覧」のページを表示します。

MySQL一覧

[データベースの新規作成] をクリックしてデータベースの新規作成画面に移動し、接続に使用するパスワードと文字コード(UTF-8)を指定します。なお、XREA Freeプランでは、作成できるデータベースは1つのみで、データベース名と接続ユーザー名が共にアカウント名と同じ名前で固定となります。

データベースの新規作成

これでデータベースが用意できました。

インストール

以上で準備ができました。WebブラウザからサイトのURL(http://www.d8test.shop)に接続すると、インストーラのページが表示されます。

言語の選択

無料プランなので、インストール中も自動的に広告が挿入されます。

データベースの設定では、データベース名とデータベースのユーザー名はアカウント名と同じ固定名(d8test)で、パスワードは先にデータベース作成時に管理画面で設定したものを指定します。なおXREAの場合、データベースはWebと同じサーバー(localhost)で実行されるので、高度なオプションの設定は不要です。

データベースの設定

後は、画面の指示に従ってインストールを進めていけば完了します。

XREAへのインストール完了

インストール完了後、public_htmlの下のsites/default/settings.php を編集して、信頼できるホストの設定を追加しておきます。

$settings['trusted_host_patterns'] = array(
  '^www\.d8test\.shop$',
);

インストールしたサイトはこちらからアクセスできます:
http://www.d8test.shop/

まとめ

XREAの無料プランにDrupal 8をインストールし、正常に動作することを確認しました。今回は広告が自動挿入される無料プランを利用しましたが、12か月契約で月額191円で利用できる有料プランもあります。非常に自由度の高いサーバーなので、使ったことがない方は一度試してみてはいかがでしょう。

この記事を書いた人 : Kenji Shirane

バージョン 4.6 のころから Drupal のお世話になっています。好きなモジュールは H5PQuiz。北海道小樽市在住。

関連コンテンツ