ANNAIマガジン
マサチューセッツ州がDrupal8でMass.govを立ち上げ
この記事は「 https://dri.es/massachusetts-launches-mass.gov-on-drupal 」の翻訳です。
この記事の目次

今年のAcquia Engageにてマサチューセッツ州はDrupal 8でMass.govを立ち上げたことを共有しました。ホリー・セント・クレア氏 (Holly St. Clair)、マサチューセッツ州のチーフデジタルオフィサーは私のkeynoteプレゼンテーションに加わり、Mass.govはどのように有権者と国家との交流を迅速かつ分かりやすくて有義にそして “最高に素晴らしく (wicked awesome) ” しているかを共有しました。

Acquiaは設立以来マサチューセッツ州に本社を置いていましたので、この度のマイルストーンをMass.govチームと一緒にお祝いできて非常にワクワクしました。

センターでの有権者

現在、76%の有権者はインターネットを通じて政府と対話する傾向があります。Mass.govで学費補助に関する情報を検索する学生は7つの異なる政府機関ウェブサイトから検索しないと欲しい情報に辿りつきません。

Mass.gov

より住民、企業、訪問者に役立つためにMass.govチームはデータ中心のアプローチを取りました。サイトデータを分析した結果、10%のコンテンツが89%のサイトトラフィックを占めていた事に気づきました。これは、Mass.govに掲載されているコンテンツの約90%は人々の役に立っていない可能性を意味をします。デジタルサービスチームはこの学びを利用し、市民のニーズを優先させたサイトアーキテクチャとコンテンツ戦略を開発しました。Mass.govのチームはわずか1年間で15年間稼働していたサイトを旧CMSからAcquiaとDrupalに移しました。

Mass.govチームは再設計のプロセスで各ステップにユーザーテストも盛り込み、有用性や情報アーキテクチャなどアクセシビリティーも組み込みました。パイロットサイトにて33万人のユーザテストを行ったのに加え、Mass.govのチームはコンプライアンス要件を上回る有意義なアクセシビリティーを提供するためパーキンス盲学校(Perkins School for the Blind)と提携しました。このアプローチのおかげでMass.govはシステムユーザーアビリティスケール(SUS)で発表された平均より12%高い80.7の点数を獲得できました。

最初からオープン

Drupal 8の初期採用者としてマサチューセッツ州はMass.govを機能させるコードをオープンソースしました。誰もがMass.govを作動させるコードを見れて問題点を指摘したり、改善点を提案したり、自分の州にコードを使用したりもできます。マサチューセッツ州をオープンソースに本来ある特有なイノベーションとコラボレーションモデルを完全に受け入れるのを見るとすごく刺激されます。もっと多くの政府も同じ事を出来ればなと思います!

Mass.gov、おめでとうございます

新しいMass.govは魅力的で直感的で、そして何よりも、“最高にすごい”です。Mass.gov、おめでとうございます!

この記事を書いた人 : Kentaro Inoue

ANNAI株式会社
経営企画室 室長
サービスの設計・企画、マーケティング、採用戦略の立案などを担当。普段は新潟で猫と一緒に、時々海外からリモートで働いています。好きなモジュールはRulesとFlagです。

関連コンテンツ