ANNAIマガジン
sakura
201612/24

CentOS7にDrupal 8.2.4をゼロからセットアップする手順説明(Nginx + PHP7.1 + MariaDB)

この記事ではまっさらなCentOS 7.3(正確にはCentOS Linux release 7.3.1611 (Core))をベースに、Drupal 8.2.4を安全にセットアップする手順を紹介します。なお、サーバ自体はさくらのクラウドを使っています。

block
201612/22

開発者向け:Drupal 8新機能 + Block Visibility Groupsモジュール活用Tips

今日は海外ブログより「Block Visibility Groupsモジュール」についてご紹介します。Drupal 8はDrupal 7に比べて、コアのブロック機能がはるかに実用的で強力なものになりました。これらの新機能についても触れられています。もし国内Drupal開発者向け勉強会などに興味がありましたら、こちらのページよりコミュニティへご参加くださいませ。それではどうぞ。

Weather.com
201612/19

Drupal移行事例:Weather.com

The Weather Companyは、全米で最大規模の気象会社で、ウェブサイトやケーブルテレビを通じて、気象情報を発信している会社です。近年IBMに買収され、気象業界を中心に話題になりました。Weather.com はThe Weather Companyの気象情報サイトで、毎月1億以上のユーザーに数百万ページを提供しています。Drupalサイトの中で最もトラフィックの多いサイトです。※この記事はDrupal Advent Calendar 2016の記事として公開されました。

docker
201612/18

Drupalのローカル開発環境の構築方法について詳細解説

Drupalは一般的なLAMPスタック上で動作するため、様々なクラウドサービスやホスティングサービス上で簡単に動かすことができます。

これらの情報については、kujirai_koujirou さんが書かれた Drupal Advent Calendar 2016 6日目の記事: AWS、Azure、GCP、Softlayer、ConoHa、さくらのクラウドにDrupalを簡単インストール や、弊社がThinkITで連載した 初心者でも挫折しないゼロから始めるDrupal 8入門 にたくさんの情報があります。

逆に、ローカルPC上でDrupalのサイトを構築する方法についてはあまり情報がないように感じたので、そのあたりの情報を書いてみたいと思います。

html
201612/18

Drupalサイトを静的HTML(Static HTML)に変換する方法

日本企業の要望では「静的HTMLへの吐き出し」が求められることがあります。地方自治体のプロジェクトでは、提案依頼書(RFP)に必須要件として入っていることもあります。 Movable TypeやWordPressのStatic HTMLジェネレーターの人気を見ても、日本では頻繁に求められている機能だということが言えます。ということで、今回はDrupalサイトを静的HTML(Static HTML)に変換する方法をご紹介します。

modules
201612/16

開発に役立つ!Drupal 8 主要モジュールの機能説明付き一覧

Drupal8で利用可能な主要モジュールの一覧をご紹介します。現在、安定バージョン(Stable version)でないモジュールも含まれています。利用する場合には、安定バージョンを利用するようにしてください。※この投稿は2016年12月現在の情報です。