サイト監査・システム監査

稼働中のサイトやシステムは適切に設定、運用、更新されていますか?

世の中にある大規模サイトの仕様は様々で、全てが同じように構築されているわけではありません。それぞれのビジネスの目的に応じて機能や役割が違います。またサイトやシステムは、常に最良の状態で運営されることが望ましく、その状況は色々な視点から評価することができます。

もちろん初歩的な評価ポイントはちゃんと動くかどうか(意図したように動くかどうか)です。またユーザーにとって分かりやすい形で動くかどうか、ということも評価対象になります。

専門的なサイト監査・システム監査において重要なポイントは以下になります。

  • モジュールのメンテナンス状況
  • コードベースのセキュリティ
  • サイトのパフォーマンスと拡張性
  • コードベースのメンテナンス性
  • サイト構造が改修に対し柔軟かどうか
  • インフラストラクチャがサイトの規模や要件に対して適切かどうか
  • サイトアップデートに関する開発者のワークフロー
     

御社のサイト・システムはこのような配慮の元運営されていますか?
されていない場合、経営を揺るがす大きな問題が起きる可能性がありますので、注意が必要です。

適切に稼働していないシステムには以下のようなリスクがあります。

サイトが適切な状態で稼働しない状態をそのまま放置すると、最悪の場合このような事態に陥る可能性があります。
なお、以下に挙げている例はすべて実際に起こった例です。
情報の流通が高度かつ複雑になった現在、このようなケースは対岸の火事ということでは済まされません。

  • アップデートを怠ったせいでサイトがハッキングされ、個人情報が大量に流出、損害賠償
  • コードのメンテナンスを行っていないため新機能を追加することが難しく、売上減少
  • サイトを休止せざるを得ない状況が発生し大きな損失を計上
     

このような事態に陥らないためにも「サイト監査・システム監査」を行い、客観的な視点からシステム上のリスクを把握されることをお勧めします。

ぜひ弊社の「サイト監査・システム監査」導入をご検討ください。

サイト監査・システム監査により、現在のサイト・システムを客観的に評価し、自社のビジネスに合わせて最適化されることをお勧めします。監査を行うことによって問題を特定することが可能になり、ビジネスリスクを減らすことにもつながります。

サイト監査・システム監査は、このようなことをお求めの際に特に役立ちます。

    • 客観的な視点からシステム上のリスクを把握したい
    • 最適な解決策を実行するために事実を把握したい
    • 単にシステムの問題だけではなく、運用のワークフローをふくめた課題を把握したい
    • 将来の開発プロジェクトに着手する前に解決すべき問題を特定したい
    • 時間をかけて蓄積されるかもしれない技術的負債を減らしたい