パフォーマンスチューニング

稼働中のDrupalサイトやシステムは適切にチューニングされていますか?

小規模なサイトにおいては、パフォーマンスはさほど気にする必要はありませんが、
以下のような大規模サイトにおいてはDrupalからサーバーまでを一貫してチューニングされることを強くお勧めします。

  • 会員制サイトのような、多くのユーザーがログインして利用するサイト
  • 行政のサイトのような、特定の時期にアクセスが集中する可能性のあるサイト
  • 製造業のサイトのような、数万種類の製品やサービスを取り使う大規模サイト
  • メディアサイトのような、月間PV数が数百万規模のサイト
     

パフォーマンスチューニングされていないDrupalシステムのデメリット

適切なパフォーマンスチューニングがなされていないサイトでは以下の様な問題が生じます。

  • レスポンスが遅くなりコンバージョン率が低下する
  • アプリケーションの速度を上げるために高価なインフラが必要になり、維持コストが増加する
     

システム全体を通した包括的なパフォーマンスチューニングでシステムのポテンシャルを最大限に引き出します。

私たちは、これまで以下のような大規模なDrupalサイトのパフォーマンスチューニングを多数手がけてきました。

  • 会員数数十万人、25カ国語に対応した大規模な製造業サイト
  • 大量の公共データを配信する行政のデータポータルサイト、など
     

システムのチューニングにはDrupalだけではなく、サーバーからアプリケーション、負荷分散に至るまで、包括的な知識やノウハウが必要になります。また、適切な設定が行われていない場合、パフォーマンスが出ないだけではなく、情報漏洩などのセキュリティ上のリスクを招きます。

Drupal以外にも広範囲に渡る専門知識を持つエキスパートが、システムの可能性を安全かつ最大限に引き出します。