クラウドシステム設計・開発

システムがビジネスの足かせになっていませんか?
弊社ならビジネスの成長や変化に柔軟に対応できるシステムをご提供できます

クラウドが発達する以前、システムを構築する場合はサーバー用のコンピューターの発注、ネットワーク回線や設備の契約と設置、ミドルウェアの選定やインストール、最後にアプリケーションの構築など、これらを数ヶ月かけて行い、やっとシステムやサイトの公開ができていました。また、一度構築したシステムを変更したり増強したりするには、同様の作業に多くの時間とコストが費やされていました。

しかし、近年はビジネスも技術も流れが非常に早くなりました。競合他社との競争を勝ち抜くには、より早く、より柔軟にシステムを構築し、サービスを展開する必要があります。大規模なシステムが数週間で構築され、公開される事も珍しいことではありません。クラウドを活用すれば、以前は数ヶ月かかっていたようなインフラ構築をわずか数日で実現することも可能になってきています。

クラウドは簡単に使えますが、ビジネスに最適化して利用するには高度なスキルが必要です。

AWSやAzure、Google Cloudなどの登場により、クラウドを利用するための敷居は非常に下がったと言えるでしょう。しかし、クラウドにはそれに最適化した設計や運用があり、前述したような自前でインフラ設備を構築する、いわゆるオンプレミスなシステムのやり方をそのまま持ち込んでもうまくいくとは限りません。

クラウドでは主に以下のような違いがあります。

  • 設備の増強や変更に対するリードタイムは限りなく0に近い。そのため、最初からコストをかけて大きなインフラを組むのではなく、スモールスタートして必要に応じて構成を変えていく。
  • サービスのアップデートが定期的に行われるため、古いバージョンをいつまでも使い続けられるわけではない。新しいバージョンに切り替えたほうがコストや性能面でメリットとなるケースが多い。
  • APIなどを利用した自動化が可能。様々なクラウドサービスを組み合わせることで、自動化や運用コストの削減、新たな価値の創造が可能になる。


そのため、従来のように「一度構築したシステムを変更せずに保守する」という考え方ではなく、サービスやビジネスの成長に合わせて柔軟に変えていくという考え方が重要になります。

ANNAIでは単にDrupalというアプリケーションレイヤーだけではなく、ミドルウェアのチューニング、サーバーの構築、最適なパフォーマンスやコスト削減をもたらすクラウドサービス(AWS、Azure、Google Cloudなど)の選定や導入まで、システム全体の設計、開発を包括的にご提供します。