Drupal コンサルティング

経験豊富なDrupalエキスパートによるコンサルティングサービスです。
さまざまなご質問にオンラインミーティングでお答えします。

Drupalの専門家が様々な疑問・質問に丁寧にお答えします

Drupalの導入を検討しているが、まずは専門家の意見を聞きたい
Drupalと既存のシステムとの連携は可能?
開発しようとしているシステムはDrupalで実現可能?

近年、Drupalは世界的な大企業や各国の政府サイトから、社内システムやデーターポータルサイトなど様々な用途で広く使用されるようになりました。他のCMSと比較すると、Drupalでは細かい機能同士を柔軟に組み合わせて機能を実装していきます。そのため、他のCMSに比べて複雑な機能を迅速かつ柔軟に実装することが可能です。この特性上、DrupalはCMSの枠を超えた「ウェブアプリケーションフレームワーク」とも言えます。 フレームワークとしての高い柔軟性を持つため、Drupalで実現できることは多岐に渡り、1つのことを実現するにも複数の選択肢があることがほとんどです。

その反面、なにがどのように実現できるのか?開発や保守にかかるコストや運用体制、メリットとデメリット、現在稼働中のDrupalシステムに関する不安や質問など、専門家から具体的な話を聞きたいというご相談を、非常に多くのお客様からいただいております。KAIZENコンサルティングサービスでは、これらのお声にお応えしまして、日々Drupalでの開発を専門に行っているエンジニアが皆様のDrupalに関する疑問や質問にお答えします。転ばぬ先の杖としてぜひ、KAIZENコンサルティングをご利用ください。

Drupalの導入、運用、事例、メリット、デメリットなど、
さまざまなご質問にオンラインミーティングでお答えします。

KAIZENコンサルティングサービスの流れ

  1. お問い合わせまずはお申し込みフォームからお問い合わせください。担当が折り返しご連絡差し上げます。
  2. サービス説明サービス説明のためのオンラインミーティングを実施します。
    候補日はお申込み時にフォームにご記入ください。
  3. 機密保持契約お客様のご希望によりクラウドサインなどの電子契約システムがご利用可能です。
  4. ヒアリングシート記入ヒアリングシートの質問項目にお答えください。ヒアリングシートは
    お申込み時の返信メール中に記載のリンクからダウンロードできます。
  5. オンラインコンサルティングオンラインミーティングサービス Google Meet を利用してミーティングを 2 時間実施します。
  6. ご請求コンサルティング終了後に請求書をPDFで送付させていただきます。
    システム診断プランへの移行も可能です。

ご利用料金

99,800(税込) / 回

よくあるご質問

どのような方がこのサービスを利用していますか?

以下のような様々なお客様からのご相談をいただいています。

  • Drupalを導入済みの企業様
  • 官公庁
  • これから導入を検討されている企業様
  • 海外の本社でDrupalを導入されている外資系企業の日本法人のウェブ担当者様
  • メディアサイト運営会社様
  • 多言語サイトでグローバルに展開する製造業者様
  • クライアントにDrupalでの開発を依頼されたシステム会社様

コンサルティングの前に何か準備は必要ですか?

コンサルティングは2時間と限られていますので、ご質問内容を明確化し、絞っていただくことをお勧めします。

ミーティングはどのように行いますか?

ミーティングは「オンラインミーティングサービス Google Meet」を利用して行います。事前にお客様のPC上で Google Meet が利用可能であることをご確認いただけるようお願いします。お伺いしてのミーティングにつきましては、別途相談となります。

ヒアリングシートの項目で分からない部分があるのですが…。

ご回答いただける項目が多いほど、精度の高いコンサルティングやシステム診断が可能になります。 そのため、分かる範囲で結構ですので極力お答えいただければと思います。

Drupalについて学びたいのですが、どうしたらよいですか?

ご契約されたお客様につきましては、弊社執筆の書籍「Drupal 8 スタートブック―作りながら学ぶWebサイト構築」を送付させていただきます。 この書籍をご一読いただけますと、Drupalについての概要がご理解していただけると思います。また、弊社連載の「Drupal 9 初心者講座」も合わせてお読みください。