やりたいこと

私たちはクライアントの成功のために、付加価値の高い仕事をし続けたいと思っています。良い仕事をするためには、クライアントとのコミュニケーションロスを減らし、スピーディーに物事を進めていく体制が必要になります。そのため、直接取引をお願いしています。どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。また以下のようなプロジェクトに関わり、価値を提供し続ける企業でありたいと考えています。その思いが少しでも伝わることを願っています。

こんなプロジェクトを求めています

技術的にチャレンジングである

私たちは、技術的に難しいと思われるものを突破するためにアイデアを練って、実現可能性、リスク、リワード、納期、クオリティ、コストなど、様々な視点を踏まえ、その時にベストなものを実現するのが得意なチームです。私たちもクライアントと一緒に成長したいと思っています。

前例がない、ありそうでなかったもの

業界初、日本初、世界初。私たちが提供した技術でそういうものが作れた時、クライアントと新しい未来を一緒に作れたような気持ちになります。そういう達成感を分かち合えるのは、とても大事なことだと思います。

クライアントと遠慮なくコミュニケーションが取れるプロジェクト

前例のないプロジェクト、新機軸を打ち出すプロジェクトでは、担当者の方も悩みながら進む時があります。だからこそクライアントと率直に意見交換できる関係性が重要だと考えています。そのため、私たちは小さな調査レベルの作業や将来的にリスクになりそうな懸案まで、全てのタスクや情報をクライアントと共有しながらプロジェクトを進めるスタイルを取っています。

ゴールを設定したプロジェクト

私たちはクライアント自身でゴールを設定できるようなご支援をしたいと思っています。ゴールにコミットいただくことで目指す姿が明確になり、同じ目線でプロジェクトに取り組むことができます。それが成功に繋がる道だと考えています。ゴールを達成したら、次はもう一段高いゴールを設定しクライアントと共にチャレンジしながら成長していく。私たちが理想とするのはこのようなプロジェクトです。

私たちはアジャイル型開発体制でお客様に価値を提供しています。

世の中は変化のスピードが速く、変化に対応できるかどうかがビジネスの成否を分けると考えています。同じ様に、開発体制もビジネスのスピードや変化に対応できる体制でありたいと考えていることから、弊社ではアジャイル型の開発体制を敷いています。従来型のウォーターフォール型の開発との違いは以下の通りです。

アジャイル型開発体制
  • 変化を受け入れる
  • 細かくリリースし価値を迅速に提供する
  • クライアントとANNAIは同じチームの一員
  • ドキュメントより動くモノ。プロトタイプ段階からクライアントと共有し改善していく
ウォーターフォール型開発体制
  • 最初に要求を固定し 綿密に計画する
  • リリース回数が少ない
  • クライアントとのコミュニケーションが少ない
  • まずドキュメントありき