ANNAIマガジン

Drupal9初心者講座

この講座では Drupal の歴史や特徴、最新の Drupal 9 の機能や他の CMS との比較など、Drupal の機能やアーキテクチャーについて一から学びます。まだ Drupal に触れた事のない方々に、まず最初に読んでいただきたい内容となっています。Drupal に関する正しい知識を体系的に学んでいただく事で、より多くの方が Drupal を活用できるようになれば幸いです。

第 16 回 Drupal をもっと知りたい方に向けた各種情報
20214/7

第 16 回 Drupal をもっと知りたい方に向けた各種情報

過去 15 回にわたり、Drupal の特徴や他の CMS との違いを紹介してきました。まだ実際に手を動かして操作していない方にも、Drupal がどんな強みを持つソフトウェアなのか、そしてなぜ私たちが Drupal を探求し、活用し、推奨しているのか、ということがご理解いただけたのではないかと思います。連載の締めくくりとして、Drupal の発展を常に支えてきたコミュニティと、今後さらに理解を深めていただくための情報をまとめたいと思います。

第 15 回 Drupal の拡張モジュールの選定と使い方
20214/6

第 15 回 Drupal の拡張モジュールの選定と使い方

前回は Drupal のテーマを取り上げました。テーマは、コンテンツの最終的な見え方(プレゼンテーション)を決める機能ですが、そこで表示される情報を作り出す、アプリケーションの中核的な機能を提供するのがモジュールです。今回は Drupal のモジュールについて、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

第 14 回 Drupal のテーマシステムについて
20213/31

第 14 回 Drupal のテーマシステムについて

前回までで、コンテンツタイプ、タクソノミー、ブロック、クエリー、多言語化、権限設定と、コアの重要機能を見てきました。連載の終盤の 2 回でテーマとモジュールの利用について取り上げたいと思います。

第 13 回 Drupal の権限設定と WordPress や Movable Type との比較
20213/31

第 13 回 Drupal の権限設定と WordPress や Movable Type との比較

前回は、Drupal の多言語機能を紹介しました。Drupal が多言語機能を Web アプリケーションの共通基盤と認識し、コアの標準機能として提供していることがご理解いただけたと思います。これと同じように、Drupal がシステムの共通基盤として提供している機能にアクセス制御があります。今回は、このアクセス制御の前提となる、ユーザー登録、ログイン認証、および権限設定の各機能を見ていくことにします。

第 12 回 Drupal の多言語機能と他の CMS やサービスとの比較
20213/24

第 12 回 Drupal の多言語機能と他の CMS やサービスとの比較

これまで、Drupal におけるコンテンツのクエリーについて見てきました。システムの各部で繰り返し利用される処理を Views のようなコア標準機能として提供することで、他のさまざまなコア要素と一貫性のある形で連携することができます。システム横断的に利用される基本機能としては、他にも多言語化や認証の仕組みなどがあります。今回は Drupal の多言語化機能を紹介します。

第 11 回 Drupal と他の CMS のクエリビルダー機能を比較
20213/23

第 11 回 Drupal と他の CMS のクエリビルダー機能を比較

前回は Drupal の標準クエリビルダーである Views モジュールの機能を紹介しました。CMS(コンテンツ管理システム)において、コンテンツを管理するデータベースへの問い合わせは中核的な処理であり、その実装はソフトウェアの特長が表れる部分ではないかと思います。そこで今回は Views 以外のクエリー手段として、他の CMS の例も見ながら考察してみたいと思います。

第 10 回 Drupal の標準クエリビルダー Views の使い方
20213/22

第 10 回 Drupal の標準クエリビルダー Views の使い方

今回は Drupal の目玉機能の一つ、Views について説明します。Views を使うとプログラミングなしで、管理画面から様々なコンテンツの抽出や表示が可能になります。この機能は他の CMS とDrupal を比較した場合に挙げられる代表的な強みです。

第 9 回 Drupal のブロックシステム
20213/16

第 9 回 Drupal のブロックシステム

Drupal 8 では 7 と比較してブロックシステムが大幅に進化しました。ブロックタイプを定義しフィールドを追加できるようになり、ブロックシステムの持つ可能性は大きく広がりました。

第 8 回 コンテンツ管理における Drupal と他の CMS との比較
20213/16

第 8 回 コンテンツ管理における Drupal と他の CMS との比較

第 6 回、第 7 回と、Drupal のコンテンツ管理の基盤であるコンテンツタイプとタクソノミーを取り上げ、Drupal が早い時期から高度なコンテンツ管理の仕組みを提供してきたことを紹介しました。今回は、他の CMS、具体的には WordPress と MovableType で、このあたりの仕組みがどうなっているのかを調べてみたいと思います。

第 7 回 Drupal のボキャブラリとタクソノミーの使い方
20213/12

第 7 回 Drupal のボキャブラリとタクソノミーの使い方

前回は、Drupal におけるコンテンツとその構造を定義するコンテンツタイプについて解説しました。コンテンツタイプは、コンテンツの種類を表すひとつの重要な側面ですが、コンテンツを分類する仕組みはコンテンツタイプだけではありません。Drupal では、さまざまな観点からコンテンツを分類するタクソノミーという仕組みを用意しています。今回は、このタクソノミーについて見ていくことにしましょう。