ANNAIマガジン

Drupal開発者向け情報

Drupal開発者から初心者まで、Drupalで開発を行う方々に向けた技術情報です。オススメのモジュール情報や最新のDrupalによる開発情報など、Drupal開発者には必見の情報を日々配信しています。また海外の技術トレンドも紹介しています。

Developers Festa Sapporo 2018 で Web システム開発基盤としての Drupal を紹介してきました
201811/20

Developers Festa Sapporo 2018で Webシステム開発基盤としてのDrupal を紹介してきました

去る2018年11月16日(金)に札幌で開催された Developers Festa Sapporo 2018 において、当社 CTO の青山が開発者向けに1時間にわたる講演を行いました。以下、簡単にレポートします。

Open ID Connectを用いて、GoogleアカウントでDrupalにログインする
201810/30

Open ID Connectを用いて、GoogleアカウントでDrupalにログインする

DrupalにGoogleやFacebook、またはOpenID Connectに対応しているサービスのユーザー情報を使ってログインする方法のご紹介です。

Drupal 8のマイナーリリースのセキュリティ保護期間の拡大について
201810/23

Drupal 8のマイナーリリースのセキュリティ保護期間の拡大について

このほど、Drupal 8のマイナリーリース間のアップデートにかけられる時間が、従来の1か月から6か月に延長されることになりました。

テーマを .info.ymlファイルで定義する
201810/9

Drupal8のテーマを .info.ymlファイルで定義する

Drupal 8のテーマを作成するには、最初に テーマに関するメタデータをDrupalに設定するファイル(THEMENAME.info.yml)作成する必要があります。これは、モジュールとインストレーションプロファイルを定義する方法に似ています。そのため、.info.yml ファイルのの'type'キーを'theme'と設定してこれらと区別することが重要です。このページでは、THEMENAME.info.ymlのサンプルファイルと、ファイルに定義することができる情報について説明します。

Drupal 8インストール方法:XREA編
201810/9

Drupal 8インストール方法:XREA編

日本国内の様々なレンタルサーバーにDrupal 8を導入する方法を紹介するシリーズ。今回は、自由度の高さと無料プランで多くのユーザーを獲得してきた「XREA」を取り上げます。運営は、ドメイン登録のバリュードメインでおなじみのGMOデジロック。2017年に実施したシステム増強とサーバー刷新で性能と安定性を向上し、無料プランのディスク容量も1GBに増加されました。

マーケティング担当者とITチームが自動テストに投資すべき理由
201810/1

マーケティング担当者とITチームが自動テストに投資すべき理由

今回は少しDrupalからは離れますが、開発者の立場からではなくマーケティングの観点から自動テストへの投資の重要性について解説している記事のご紹介です。

ロリポップ!レンタルサーバー
20189/25

Drupal 8インストール方法:ロリポップ編

日本国内の様々なレンタルサーバーにDrupal 8を導入する方法を紹介するシリーズ。今回は、2017年のリブランディングで「ロリポおじさん」から一新されたデザインもすっかり定着、「すぐに使える、ずっと使える」のキャッチコピーでおなじみのロリポップ!レンタルサーバーです。

Drupal8 テーマのフォルダ構造
20189/3

Drupal8 テーマのフォルダ構造

基本的なDrupalの操作方法を学んだ後、実際に開発をする際にまず最初に突き当たる壁がテーマ(Theme)の作成方法です。ここでは、Drupalのテーマ作成の基本となるテーマフォルダの構造を説明します。

xserver
20188/10

Drupal 8インストール方法:エックスサーバー編

Drupal 8は日本国内の様々なレンタルサーバーに導入することができます。今回は、エックスサーバーにDrupal 8を新規インストールする手順をご紹介します。

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。
20188/1

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。(PHP 7.1以上を推奨)

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP 7が必要です。PHP 5.5またはPHP 5.6でDrupal 8を運用しているDrupal 8ユーザーは、PHPのバージョンを7.0以上にアップグレードしなければなりません(PHP 7.1以上を推奨)。