ANNAIマガジン

Drupalの保守管理・メンテナンスに関する記事

Drupalを安全に運用していくためには欠かす事の出来ない、セキュリティアップデートや保守・メンテナンスに関する記事の一覧です。ANNAIのDrupal保守管理サービス「KAIZEN Drupalシステム保守サービス」もぜひご利用ください。

Drupal 8のマイナーリリースのセキュリティ保護期間の拡大について
201810/23

Drupal 8のマイナーリリースのセキュリティ保護期間の拡大について

このほど、Drupal 8のマイナリーリース間のアップデートにかけられる時間が、従来の1か月から6か月に延長されることになりました。

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。
20188/1

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。(PHP 7.1以上を推奨)

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP 7が必要です。PHP 5.5またはPHP 5.6でDrupal 8を運用しているDrupal 8ユーザーは、PHPのバージョンを7.0以上にアップグレードしなければなりません(PHP 7.1以上を推奨)。

セキュリティアップデートに関するANNAIの考え方
20183/29

Drupalのセキュリティアップデートに関するANNAIの考え方

今回発表された脆弱性は影響が大きく、Drupalでシステムを運営されている全ての方々に影響します。今回はセキュリティに関するANNAIの考え方についてご説明します。

セキュリティアップデートに関するANNAIの考え方
20183/29

ANNAIからのお知らせ 脆弱性SA-CORE-2018-002 に関しまして

3/28にDrupalの脆弱性SA-CORE-2018-002が公開されました。今回発表された脆弱性は影響が大きく、Drupalでシステムを運営されている全ての方々に影響します。

Drupal 8.5.0 リリース: 新機能や変更点を8.4と比較
20183/8

Drupal 8.5.0 リリース: 新機能や変更点を8.4と比較

2018/3/8に Drupal 8.5.0がリリースされました。 このリリースの主な変更点や8.4との比較、新たにExperimentalとして追加されたモジュールなどの情報をご紹介します

Drupal8 development with good maintainability
201711/28

Drupal 8導入前に必ず考えたい「保守」のこと

弊社ではDrupal 8を8.0の段階から商用システム開発のために採用しており、先日リリースされた8.4へのアップデートを含めると計4回のマイナーアップデートを経験してきました。 Drupal 8は非常に生産性の高いCMS・フレームワークです。しかし、コアのセキュリティ更新、コントリビュートモジュールの完成度や互換性、各種ライブラリのアップデートなど、気をつけなければならないポイントがいくつかあります。 弊社がここ2年ほどDrupal 8で開発してきた中で、主に保守(メンテナンス)の観点から重要なポイントを紹介したいと思います。

drupal8
201710/10

Drupal 8.4.0 リリース: 新機能や変更点をご紹介

2017/10/4に Drupal 8.4.0がリリースされました。 このリリースの主な変更点や、新たにExperimentalとして追加されたモジュールなどの情報をご紹介します

security
20171/16

Drupalでの開発時に避けるべき5つの間違い - セキュリティー編

海外ブログより「Drupalでの開発時に避けるべき5つの間違い セキュリティ編」をご紹介します。適切なセキュリティ対策を施すことでサイトをハッカーの攻撃から守ることができます。この記事では、サイトのセキュリティリスクを軽減する方法について説明します。 ※国内のDrupal開発者コミュニティに興味のある方は、こちらのページものぞいてみてください。それではどうぞ。