ANNAIマガジン

Drupalの保守管理・メンテナンスに関する記事

Drupalを安全に運用していくためには欠かす事の出来ない、セキュリティアップデートや保守・メンテナンスに関する記事の一覧です。ANNAIのDrupal保守管理サービス「KAIZEN Drupalシステム保守サービス」もぜひご利用ください。

Drupal サイトのコード品質をチェックするには
20194/1

Drupal サイトのコード品質をチェックするには

前回は、Drupal サイトの構成設定の診断を取り上げ、診断処理を自動化するツールが果たす役割を紹介しました。Web サイトの品質や状態を診断するもう 1 つの観点として、システムを構成するプログラムコードの品質があります。Drupal の場合も、リリースされたばかりで実績が少ないモジュールや、他者による検証や不具合報告が期待できない非公開の独自開発モジュールでは、動作検証だけでなく、そのコードの検査をする必要が生じる場面も出てきます。今回は Drupal サイトのコード品質を検査するためのツールを取り上げます。

Drupal サイトの構成設定を診断するには
20193/18

Drupal サイトの構成設定を診断するには

慎重にサイトを運用していても、気づかないところで将来の障害の原因を作ってしまったり、セキュリティーの脆弱性を見逃してしまう可能性がないとは言えません。CMS で運用しているサイトを診断するには、外部から見た一般的な挙動やページ出力の結果をチェックすることに加え、サイトを駆動するシステム内部の状態や健全性をチェックすることも重要です。今回は、Drupal サイトの構成設定の診断に便利なモジュールや Drush 拡張を紹介します。

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。
20193/11

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。(PHP 7.1以上を推奨)

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP 7が必要です。PHP 5.5またはPHP 5.6でDrupal 8を運用しているユーザーは、PHPのバージョンを7.0以上にアップグレードしなければなりません(PHP 7.1以上を推奨)。

KAIZEN TOP Image
20193/4

Drupal サイトを適切に保守管理するために必要なこと

Drupalで開発されたシステムを継続的に運用、管理していくためにはどのような作業が必要なのでしょうか? また、それらを適切に行わないとどのようなリスクがあるのでしょうか?今回はDrupalシステムを利用する上では決して避けて通れない、保守管理について解説します。

Drupal 8のマイナーリリースのセキュリティ保護期間の拡大について
201810/23

Drupal 8のマイナーリリースのセキュリティ保護期間の拡大について

このほど、Drupal 8のマイナリーリース間のアップデートにかけられる時間が、従来の1か月から6か月に延長されることになりました。

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。
20188/1

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。(PHP 7.1以上を推奨)

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP 7が必要です。PHP 5.5またはPHP 5.6でDrupal 8を運用しているDrupal 8ユーザーは、PHPのバージョンを7.0以上にアップグレードしなければなりません(PHP 7.1以上を推奨)。

セキュリティアップデートに関するANNAIの考え方
20183/29

Drupalのセキュリティアップデートに関するANNAIの考え方

今回発表された脆弱性は影響が大きく、Drupalでシステムを運営されている全ての方々に影響します。今回はセキュリティに関するANNAIの考え方についてご説明します。

セキュリティアップデートに関するANNAIの考え方
20183/29

ANNAIからのお知らせ 脆弱性SA-CORE-2018-002 に関しまして

3/28にDrupalの脆弱性SA-CORE-2018-002が公開されました。今回発表された脆弱性は影響が大きく、Drupalでシステムを運営されている全ての方々に影響します。

Drupal 8.5.0 リリース: 新機能や変更点を8.4と比較
20183/8

Drupal 8.5.0 リリース: 新機能や変更点を8.4と比較

2018/3/8に Drupal 8.5.0がリリースされました。 このリリースの主な変更点や8.4との比較、新たにExperimentalとして追加されたモジュールなどの情報をご紹介します

Drupal8 development with good maintainability
201711/28

Drupal 8導入前に必ず考えたい「保守」のこと

弊社ではDrupal 8を8.0の段階から商用システム開発のために採用しており、先日リリースされた8.4へのアップデートを含めると計4回のマイナーアップデートを経験してきました。 Drupal 8は非常に生産性の高いCMS・フレームワークです。しかし、コアのセキュリティ更新、コントリビュートモジュールの完成度や互換性、各種ライブラリのアップデートなど、気をつけなければならないポイントがいくつかあります。 弊社がここ2年ほどDrupal 8で開発してきた中で、主に保守(メンテナンス)の観点から重要なポイントを紹介したいと思います。