ANNAIマガジン

Drupal 8に関する記事一覧

Drupal 8に関する情報です。導入事例や開発に関する記事を中心に紹介しています。私たちの事例だけでなく海外の開発事例を中心に紹介していますので、海外のDrupal事情を知りたい方にもお役立ていただければと思います。

Drupal8に記事を作成するReactアプリを作る
20203/16

Drupal8に記事を作成するReactアプリを作る

前回はNode.jsを使用してDrupal8に記事を投稿しました。今回はブラウザからDrupal8に投稿するアプリケーションを構築してみましょう

20203/3

Drupal 8のノードのデータ構造を見てみる (2)

第一回目に引き続き、ノードのデータ構造をカスタムフィールドを追加しながら解説していきます。

サーバーサイドエンジニアが初めてDrupalを触ってみた
201910/17

サーバーサイドエンジニアが初めてDrupalを触ってみた

本稿では、いわゆる「プログラミング」を仕事とするサーバーサイドエンジニアが初めてDrupalを触ってみた所感を、エンジニア目線でお伝えしていきます。

Contenta CMSによるDecoupled Drupalサイトの構築
20199/9

Contenta CMSによるDecoupled Drupalサイトの構築

2017年11月にANNAIマガジンの記事「Decoupled Drupal とは何か?なぜ重要なのか?」で Decoupled Drupalの概要とトレンドをご紹介しましたが、それから1年半以上経過した現在、ますますDecoupled Drupalが注目されるようになってきました。ここではその最新動向とDecoupled Drupalの代表的な実装としてのContenta CMSをご紹介したいと思います。

シカゴ公園局のウェブサイト
20199/2

シカゴ公園局のウェブサイトにおけるDrupal8の導入事例

今回はシカゴ公園局(CPD)におけるウェブサイトにDrupal8の導入事例についてご紹介します。

D9 Road Map
20197/2

Drupal 9に関する最新情報 (Drupal Developer Days Transylvania 2019)

2019年6月にルーマニアで開催された「Drupal Developer Days Transylvania 2019」(DDD2019)で Acquia 社の Gabor Hojtsy 氏から発表された Drupal 9の最新情報についてご紹介します。

Cluj-Napoca
20196/26

Drupal Developer Days Transylvania 2019 参加レポート

ルーマニアで開催された「Drupal Developer Days Transylvania 2019」(DDD2019)の参加レポートです。キーノートスピーチやDrupal 9の最新状況もお知らせします。

AWS LightsailでDrupalサイトを立ち上げる
20195/27

AWS LightsailでDrupalサイトを立ち上げる

AWSでもっとも簡単かつ低コストにDrupalを立ち上げる方法をご存知でしょうか? AWS Lightsailというサービスを利用することで、初期費用もなく、月間$3からというローコストで簡単にDrupalサイトを立ち上げることができます。

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。
20193/11

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP7が必要です。(PHP 7.1以上を推奨)

2019年3月6日以降、Drupal 8を利用する場合はPHP 7が必要です。PHP 5.5またはPHP 5.6でDrupal 8を運用しているユーザーは、PHPのバージョンを7.0以上にアップグレードしなければなりません(PHP 7.1以上を推奨)。

Tome Eye Catch
20192/18

Drupal8のTomeモジュールで静的サイトを生成する

Drupalに静的サイト生成(SSG:Static Site Generator)の機能を持たせるTomeというモジュールがまだベータ版ですが公開されています。静的サイト生成については既に2016年12月に「ANNAIマガジン」の記事「Drupalサイトを静的HTML(Static HTML)に変換する方法」で解説されていますが、そこで紹介されていたStatic GeneratorモジュールがDrupal8に対応していないためその代替としてTomeがどこまで使えるか検証しました。