ANNAIマガジン

Drupalの政府・公的機関における導入事例

Drupalは各国の政府や公的機関で広く利用されています。これらの機関には、多くの部署が存在し、各部署ごとに縦割りの権限設定が必要とされます。また、公的機関の特性上、多言語での情報配信も必要となるケースが多くこれらを満たせるCMSはさほど多くありません。Drupalはこれらの要求を満たす数少ない候補の一つとして挙げられるCMSです。
Drupalcon Portland 2022 logo
20226/29

政府統一Web実現のための調査事業:Drupalcon Portland 2022 での ANNAI の講演パート 2

ANNAI は Drupalcon Portland 2022 にて、我々の手掛けた政府統一Webサイトプロジェクトと、その検証事業の一環としてのデジタル庁ウェブサイトのヘッドレス CMS(Drupal + Next.js)への移行について講演を行いました。

講演は 3 部で構成されています:

  1. デジタル庁ウェブサイトのヘッドレス CMS への移行
  2. 政府統一Webサイトの実現のための調査事業
  3. 今後の方向性について

このブログポストでは、上の第 2 部について記しています。

府省サイトの統一が求められた経緯は、利用者に対する利便性の向上や、開発や運用の効率の向上が挙げられます。詳細についてはこのシリーズの最初のポストで詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

デスクトップ及びスマートフォン上で表示されたデジタル庁サイト
20226/23

デジタル庁

デジタル庁ウェブサイトのヘッドレス CMS への移行は、政府統一Webプラットフォームの調査事業の一環として実施されました。ヘッドレス技術に関する知見を深めるのに加え、デザインシステムの適用によるアクセシビリティーの向上を実現しました。

Drupalcon 2022 ロゴ
20226/22

デジタル庁ウェブサイトのヘッドレス CMS への移行:Drupalcon Portland 2022 での ANNAI の講演パート 1

ANNAI は Drupalcon Portland 2022 にて、我々の手掛けた政府統一Webサイトプロジェクトと、その検証事業の一環としてのデジタル庁ウェブサイトのヘッドレス CMS(Drupal + Next.js)への移行について講演を行いました。

講演は 3 部で構成されています:

  1. デジタル庁ウェブサイトのヘッドレス CMS への移行
  2. 政府統一Webサイトの実現のための調査事業
  3. 今後の方向性について

このブログポストでは、上の第 1 部について記しています。2、3 については別のブログポストにまとめる予定です。

プロジェクトの要約

2021 年 9 月に発足したデジタル庁は、社会全体のデジタル化をゴールに様々なプロジェクトを推進しています。また「誰ひとり取り残されない、人に優しいデジタル化を」というスローガンのもと、利用者視点からのサービスデザインを目指しています。

政府ウェブサイトの標準化と統一化(政府統一Webサイトの構築)は、日本の情報システムの刷新という目標のもと進められている事業の 1 つです。

デスクトップとスマートフォン上のJグランツの表示例
20213/11

経済産業省・補助金電子申請システム Jグランツ

経済産業省のJグランツは、事業者の補助金への申請および、補助金事務局での申請や事業情報の管理を効率化するためのウェブアプリケーションです。アジャイル手法を用いることで、状況の変化に柔軟に対応しながら開発を進めました。

jGrants
20211/6

Jグランツ: 経済産業省向け補助金申請・管理システムについて

ANNAI が開発・保守を行う経済産業省のJグランツの機能概要をご説明します

Text: jGrants and d-Gov
202012/3

jGrants と d-Gov 構想

2020 年 11 月 5 日に開催された DrupalGov 2020 において、ANNAI は弊社が開発・保守を行う経済産業省の補助金申請システム「Jグランツ」について、また将来の政府サービスの提供のかたちを描いた d-Gov 構想について講演を行いました。このポストでは、d-Gov 構想にもとづくシステムが政府や国民にどのような利益をもたらすかについて、講演で触れなかった詳細も含めてご説明したいと思います。

An abstracted chart that depicts typical agile iterations
202011/26

補助金申請システム(jGrants)を省庁とアジャイル手法で開発

Jグランツは、アジャイル開発手法に基づき ANNAI が経済産業省と共同で開発したウェブアプリケーションです。このブログポストでは対官公庁ならではの課題や、Jグランツをアジャイルで開発する至った経緯や課題、アジャイルがもたらす恩恵の中でも一般的には語られないものについて記したいと思います。

シカゴ公園局のウェブサイト
20199/2

シカゴ公園局のウェブサイトにおけるDrupal8の導入事例

今回はシカゴ公園局(CPD)におけるウェブサイトにDrupal8の導入事例についてご紹介します。

マサチューセッツ州がDrupal8でMass.govを立ち上げ
20188/27

マサチューセッツ州がDrupal8でMass.govを立ち上げ

Drupal8によりマサチューセッツ州の政府サイトがリリースされました。わずか1年で15年間稼働していた巨大CMSサイトをDrupalに置き換えた事例です。これに関する、Drupalの創設者Dries氏のブログ記事をご紹介します。

チューリッヒ観光局の新しいウェブサイト
20187/23

Drupal7導入事例 チューリッヒ観光局のサイトリニューアル

今回は、チューリッヒ観光局のウェブサイトリニューアル事例をご紹介します。新サイトでは、ユーザビリティの向上はもちろんのこと、デザインに関しても至る所に独自のこだわりが散りばめられています。それではどうぞ。