ANNAIマガジン
Drupalcon North America 2021 logo
この記事は「 State of Drupal presentation (April 2021) 」の翻訳です。
この記事の目次

 

[2021 年 4 月 16 日]、世界中の Drupal ユーザーが DrupalCon North America 2021 にバーチャルで集合しました。

伝統に従って、私は State of Drupal の基調講演を行いました。次のリンクを追うことで私の基調講演のビデオを見たり、私のスライド(244MB)をダウンロードすることができます。以下に簡単な要約をまとめてあります。

今回の基調講演では、Drupal 9とDrupal 10 についてのアップデートや、サイトビルダーとしての原点に戻ること、また Drupal のコントリビューターエクスペリエンスを向上させる必要性についてお話しました。

Drupal 9 の最新情報

Drupal 9 は記録的なペースで採用されています。Drupal 9 のサイト数はわずか 1 ヶ月で 0 から 60,000 まで増加しました。対照的に、Drupal 7 の際は同じマイルストーンに到達するのに 7 ヶ月、Drupal 8 では 3 ヶ月を要しました。

Drupal 9 の導入が Drupal 7 や Drupal 8 よりもはるかに早いことを示すグラフ

Drupal 9 の導入が Drupal 7 や Drupal 8 よりもはるかに早いことを示すグラフ

Drupal 8 がリリースされた際、約 1 年半後の時点で上位 50 の Drupal モジュールのうち 3 分の 1 しか Drupal 8 に対応していませんでした。現在、Drupal 9 のリリースからわずか 10 ヶ月で、なんとトップ 50 モジュールの 90 %が Drupal 9 に対応しています。

Drupal 9 のモジュールエコシステムがよく整っていることを示すグラフ

Drupal 9 のモジュールエコシステムがよく整っていることを示すグラフ

Drupal 10のアップデート

次に、Drupal 10 における 5 つの主要な構想の進行状況をお話しました。

  1. デカップリングされたメニュー
  2. 簡単操作をインストール直後に実現
  3. アップデートの自動化
  4. Drupal 10 に向けた準備
  5. 新しいフロントエンドテーマ

続いて、Drupal 9と10 の重要なタイムラインについて説明しました:

Drupal 9.3は2021年12月、Drupal 10.0.0は2022年6月にリリースされる予定が記されたタイムライン

Drupal 9.3は2021年12月、Drupal 10.0.0は2022年6月にリリースされる予定が記されたタイムライン

Project Browser でサイトビルダーの体験を改善

Drupal ロボットが遠景を眺めている画像

ユーザーに Drupal を好きになった理由を尋ねると、多くの場合、コードをほとんど、あるいは全く使わずに野心的な Web サイトを構築できるようになったという答えが返ってきます。実際、多くの Drupal ユーザーの経歴は、Drupal のローコードアプローチによるサイト構築から始まりました。それが、彼らが Drupal に関わったきっかけです。

このことから、私たちはサイトビルダーのペルソナにもっと焦点を当てる必要があると考えています。そんな思いから、私は新たに Project Browser 構想を提案しました。サイトビルダーが Drupal を使い始めて最初にすることの一つは、モジュールのインストールです。Project Browser は、モジュールの検索とインストールを容易にします。

ご興味のある方は、Project Browser 構想をチェックして、Project Browser Slack チャンネルに参加してください。

GitLabでDrupal.orgのコラボレーションツールを近代化する

Drupal を乗せた小舟が大船に向かう画像

Drupal は、世界最大規模かつ非常に強固な開発コミュニティーに支えられています。そして、その成功の鍵を握っているのが Drupal.org のコラボレーション・ツールです。

あまり知られていないかもしれませんが、Drupal.org は過去 15 年以上にわたってこれらのツールを自分たちで作ってきました。10 年前にはそれは理に適っている行為であったものの、今では違います。

現在、ほとんどのオープンソースコミュニティーでは、GitHubGitLab といったツールが標準化されています。実際、オープンソースへの貢献者は、GitHub や GitLab を使うことを前提としています。そのため、それ以外のツールを利用した場合は学習コストが高くなりすぎてしまいます。

たとえば、GitHub を使って Symfony に貢献することがいかに簡単かを示す簡単なビデオがこちらになります:https://youtu.be/h_mWXYRb68w 

一方、Drupal への貢献を紹介しているのが下のビデオです。このプロセスははるかに時間がかかり、ステップも明確ではありません:https://youtu.be/Ic_x-QxKw30

(これは体験談の要約版です。完全版はこちらから見ることができます)

Drupal のコントリビューターエクスペリエンスを向上させるために、Drupal Association はGitLab によるコラボレーションツールの近代化を進めています。これまでに、この取り組みによっていくつもの素晴らしい新機能が生まれています。しかし、新規の Drupal ユーザーが簡単にコントリビューションを始められるようにするには、さらなる努力が必要です。

https://youtu.be/DQCaHUCFuZM 

もし Gitlab 関連の業務を支援したい場合は、Drupal Association のエグゼクティブ・ディレクターである Heather Rocker に連絡してください。私たちは、Drupal Association のエンジニアリングチームを拡大して、この作業を加速させる方法を模索しています。

Drupal.org の Gitlabにおける目標と、参加者からのポジティブなフィードバック(チャットにて)

Drupal.org の Gitlabにおける目標と、参加者からのポジティブなフィードバック(チャットにて)

謝辞

最後に、昨年 6 月に Drupal 9 をリリースして以来、貢献してくださった方々や組織に感謝の意を表したいと思います。この勢いには眼を見張るものがあります。

ANNAI株式会社の写真

この記事を書いた人 : ANNAI株式会社

ANNAIは、2009年からDrupal専門のWebシステム開発会社として、世界規模で展開するグローバル企業や大学・自治体を中心に数多くのWebソリューションを提供。
CoreやModuleのコントリビューターなど、Drupalエキスパートが多数在籍。国内ユーザーコミュニティへも積極的にコミットし、定期的なセミナーの等の開催を通じて、オープンソース技術の普及や海外コミュニティとの緊密な連携を図っている。
Webシステムの企画・開発〜デザイン、クラウド運用までをワンストップで提供する他、Drupalのコーディングを評価する"Audit業務"や最適なモジュールの調査・選定等、幅広いコンサルティングを行っている。Drupalアソシエーション公式パートナー。

関連コンテンツ