ANNAIマガジン
Drupalを利用して顧客により良い体験を提供するサイトの事例
この記事は「 3 websites treat online-customers right 」の翻訳です。
この記事の目次

過去数年間、小売業は大きな変化を遂げてきました。デジタルコマースは急速に成長を続けており、小売店が店舗を閉店しています。今日は最も忙しいショッピングデーの一つであるブラック・フライデーですが、より多くの消費者が店舗よりオンライン上でショッピングしています。

ブランドの課題は、今日の買い物客が大量の情報とコンテンツにより、さまざまな商品や価格を比較しながら無限の選択肢を指先で手に入れることができるということです。その結果、ブランドは直接の競合他社や大手小売業者との厳しい競争に直面しています。

新しい購買層を引きつけ、既存の顧客を話さないようにするために、一貫したデジタル戦略により優れた顧客体験を提供する必要があります。それは、ブランドにまつわるストーリーを伝え、コンテンツと商取引をより適切に結びつけ、コンテンツ間の相互作用をもたらします。また、バックエンドでは素晴らしいパフォーマンスを提供し続けているのです。

ウィルソン、経験商取引で勝利

あなたはウィルソンを無しにスポーツ用品を語ることはできません。 100年以上にわたり、ウィルソンは、プロスポーツ選手と消費者の両方に製品を提供してきました。レスポンシブ対応とリッチなコンテンツによるデジタル体験を通して、ウィルソンは消費者にとって魅力的なショッピング体験を創り出すことができました。ウィルソンのサイトではコンテンツと商取引が密接に結びついており、それぞれのブランド、製品、スポーツは独自の美しいデザインを持っています。

Wilson

ウィルソンはパートナーであるHS2およびAcquiaと協力して、CMSとしてDrupal、電子商取引システムとしてMagento、さらに彼らが推奨するPIMおよびCRMツール間のシームレスな統合を実現しました。結果として、ウィルソンはあらゆるデバイスやチャンネルでコンテンツの提供と商取引を同時に迅速かつ大規模に提供することができます。 ウィルソンの戦略は、自分の好きなスポーツに関するストーリーを製品ページにうまく組み込むことを可能にします。消費者はスポーツ用品を購入するためにWilson.comに来ますが、同時にお気に入りのチームに関するサイトにも来ることができるのです。ウィルソンは、サイトで10%、モバイルで44%の収益を向上させました。

ウェーバーグリルは、心地よい文化を育む

より良い顧客体験の提供に関しては、ウェーバーの事例も挙げられます。ウェーバーは単なるグリルやアクセサリー以上のものとして位置づけられています。ウェーバーにとって、それはグリル文化の提供であり、ライフスタイルへ影響を及ぼすものでもあります。

Weber

ウェーバー・グリルは、これらの話題を共有し、ブランドプレゼンテーションと商取引をデジタル化することで、大手小売業者のブランドと差別化を図っています。ウェーバーのサイトは訪問者に十分にダイナミックで美しくデザインされたウェブサイトを提供します。それは有益で便利なものです。 ウェーバーのサイトには、自社の文化やグリルに関するライフスタイルを紹介するグリルセクションがあり、訪問者にレシピやグリルの活用方法などの情報を提供しています。ウェーバーのパートナーであるMedia MonksとAcquiaは複数の電子商取引システムとパーソナライゼーションを実装するために、Acquia Liftを利用したデカップルアーキテクチャを採用しました。

Drupalとフロントエンドフレームワークを組み合わせることで、Weberチームはあらゆるタイプのアニメーションやデザインを作成し、それらをローカルオーディエンス向けにカスタマイズすることが可能になりました。この事例ではDrupalはコンテンツ管理とバックエンド(API)を担当していました。

Drupalのオープンモジュラーフレームワークのパワーと柔軟性を利用することで、サイトに適したソリューションを提供するために必要な労力を削減できました。新しいweber.comサイトの公開以来、平均セッション時間は2:37で、セッションあたり3.17ページです。費やされた1ドルにつき、ウェーバーは200%の投資収益率を達成しました。

この記事を書いた人 : Kentaro Inoue

ANNAI株式会社
経営企画室 室長
サービスの設計・企画、マーケティング、採用戦略の立案などを担当。普段は新潟で猫と一緒に、時々海外からリモートで働いています。好きなモジュールはRulesとFlagです。

関連コンテンツ