ANNAIマガジン
manhattan
この記事は「 Drupal Case Study : Manhattan Associates Drupal 8 Redesign 」の翻訳です。
この記事の目次

Drupal 8導入事例:Manhattan Associates

国際的サプライチェーンマネジメントの世界的リーダーであるマンハッタン・アソシエイツは2011年にはじめてのDrupal 6サイトを構築しました。

近年になってマンハッタン・アソシエイツは、CMSをアップグレードした最新のWebサイトによるグローバルブランドのコンテンツ戦略を再検討していました。そしてこのプロジェクトが、世界初の完全に多言語対応したEnterprise Drupal 8プロジェクトの1つとなったのです。

なぜDrupalを選んだのか?

  • Drupal 8のコアシステムが要件の95%を満たしていた
  • 国際化機能
  • すぐに使用できるレスポンシブルデザイン
  • CRM&マーケティングオートメーション
  • ソフトウェア統合
  • 新しい基本設計が可能となった
  • マンハッタン・アソシエイツのデジタル戦略に迅速に対応できた


manhattan_02

プロジェクトについて

マンハッタン・アソシエイツは、要件を満たし、長期的にビジネス目標を達成するのに役立つWebサイトの再設計が必要であることを認識していました。最大の検討事項は、「Drupal 7とDrupal 8のどちらを採用するか?」でした。

当時、Drupal 8はベータ版でしたが、まさにマンハッタン・アソシエイツが必要としていた、非常に有望な新機能をたくさん持っていました。最初にDrupal 7とDrupal 8を評価し、最終的にマンハッタン・アソシエイツが必要としているレスポンシブデザイン、グローバルな顧客基盤のための翻訳の改善、積極的なデジタル戦略の計画を推進するCRMとマーケティングオートメーションツールの完全統合などにより、Drupal 8を採用しました。

マンハッタン・アソシエイツがDrupal 8を選んだもうひとつの重要な要素は、Drupalの優位性を認めたことです。Drupal 8の正式リリースでは、モジュール開発と新技術との統合が急速にDrupal 7から8に移行したため、マンハッタン・アソシエイツは、いち早くその利点を活用できるようになったのです。

プロジェクトのハイライト

  • ナビゲーション、ブランディング、メッセージング部分のDrupal 8のテーマを、マンハッタン・アソシエイツ向けに完全カスタマイズ
  • Drupal 8のレスポンシブな標準機能を利用することで、すべてのデバイスで完全な表示を実現
  • CRMとマーケティングオートメーションソフトウェアとのシームレスな統合により、デジタル戦略への投資をサポート
  • マンハッタン・アソシエイツのマーケティングチームが、どのようなデバイスでも高品質なコンテンツを作成するための最高の編集ツール
  • 10個以上のDrupal 8コアモジュールへの貢献
     

課題

Drupal 8はまだベータ版であったこと

このプロジェクトの主な技術課題は、当時D8がまだベータ版であったことです。マンハッタン・アソシエイツが継続的に最新のベータ版にサイトを更新し続けることによって、これらの課題は解決されました。マンハッタン・アソシエイツは、開発プロジェクトでは、より適切かつ計画的にリスクを管理するために、反復と予測が可能なベータ版のアップグレード管理プロセスを開発しました。

CRMとマーケティングオートメーション

Googleアナリティクス、Eloqua CRM、Webフォームモジュールを使用することで、サイトは利用状況に関する質の高い指標を提供し、特定の情報を探している潜在顧客間のコミュニケーションを促進しました。 具体的には、Drupal 8のEloquaモジュールを更新しただけでなく、統合を継続、フォームから送られた情報の取得、そしてコンテンツのレビュー機能を充実させました。 これによりマンハッタン・アソシエイツは、関連するコンテンツをすばやく作成、レビュー、公開できるため、マーケティングチームが新しい戦略を迅速に実施できるようになりました。

国際化

Drupal 6と7は多言語対応で有名ですが、Drupal 8ではそれがさらに進んでいます。 しかし、マンハッタン・アソシエイツは、Drupal 8の基本仕様を超えた事例を持っていました。 デフォルトでは、表示されている言語でページが利用できない場合、Drupalは同じページを別の言語で提供します。

マンハッタン・アソシエイツは、製品の利用可能性(例えば、ある市場で提供される製品、米国、フランスなどの別の市場では入手できない製品など)を説明するために、この動作を無効にする必要がありました。 これに対処するため、デフォルトの言語フォールバック動作を無効にするカスタムモジュールを作成し、マンハッタン・アソシエイツが利用可能な市場にのみ製品を表示できるようにしました。

レスポンシブなデザイン

マンハッタン・アソシエイツの新しいレイアウトは、Entity Referenceフィールドと、1列、2列、および3列の表示用の3つのView Modesに大きく依存しています。 これにより、ページ管理者やマーケティングチームが効果的なコンテンツを作成し提供するための、驚くほど柔軟な機能が提供されました。

モバイルデバイスでは、3つすべての表示モードで画面表示を1列表示と同じにすることが重要でした。そこで、これを達成するために要素クエリを使用しました。 要素問合せは、特定のコンポーネントのメディアクエリに似ています。 これにより、(ビューポート全体ではなく)画面表示の幅をテストし、その幅に基づいてスタイルを提供することができます。

まとめ

開発、テーマ作成、コンテンツの入力、翻訳をすべて並行して行う必要があったため、 www.manh.com のリニューアルプロジェクトは非常に困難でした。 チームはDrupal 8のコアシステムの可能性を限界まで引き出しましたが、最終的には堅牢でグローバルなWebサイトが作られました。

Drupal 8の利点は、コアの翻訳機能、改善されたUI、新しいアーキテクチャがプロジェクト中の明確なハイライトとなっていることから、早い段階で明らかでした。 早期導入の際、実装中に技術が100%完結していないことが課題となる場合が多いのですが、マンハッタン・アソシエイツは、これらのリスクを克服し軽減すると信じていました。これにより、マンハッタン・アソシエイツのような最先端の企業は、競合他社よりも優位に立つことができ、Drupalテクノロジーの最前線に立つことができたのです。

終わりに

いかがでしたか?こ最新版のDrupal 8を導入することにより、企業のマーケティング活動、広報活動が迅速になった事例をご紹介しました。自社の持つウェブ上の資産を有効活用し、他者より優れた体験を提供しようとする姿勢も伺えます。みなさんの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人 : Kentaro Inoue

ANNAI株式会社
長岡支社マネージャー
WEB上での情報配信等のマーケティングに関わる業務を担当。
新潟で猫と一緒にリモートで働いています。好きなモジュールはRulesとFlagです。

関連コンテンツ