ANNAIマガジン
Acquia Cloud Site Factory logo
この記事は「 Acquia vs. Sitecore: Why Open Makes All the Difference 」の翻訳です。
この記事の目次

いまや時代遅れのウェブコンテンツ管理ソリューションは姿を消し、優れたウェブサイトを構築することへのこだわりよりも、既存および新しいプラットフォームをまたいでデジタル体験を提供することのニーズが高まりつつあります。熱心な顧客を獲得するためには、スピード、パフォーマンス、そしてあらゆる方向への拡張性を実現できる柔軟性を備えたデジタル体験管理のためのアジャイルなアプローチが必要です。

サイトコアのようなプロプライエタリ DXP(デジタルエクスペリエンスプラットフォーム)や CMS のプロバイダーは、アジャイルであることの必要性を認識し、クラウドやオープンソースの技術でソリューションを強化しようとしてきました。しかし、残念ながら、その取組みの規模は十分ではなく、遅すぎる対応でした。

最速のイノベーションはコミュニティーから生まれる 

8,303 人の人員と 1,216 の組織があなたの利用する CMS の革新に貢献していることを想像してみてください。もしあなたがサイトコアを利用されているのであれば、それは単なる夢物語に過ぎません。しかし、それが空想にとどまる必要はありません - Drupal ではそれが現実なのです。

Drupal を支えるオープンソースコミュニティーは、Drupal を未来に向けて推進しています。Drupal コミュニティーは 46,000 以上のモジュールを提供しており、そのオープン性はキングアーサー・ベーキング(焼菓子の材料やレシピを扱うアメリカの会社)やジョンソン・エンド・ジョンソンのような組織が、プロプライエタリプラットフォームが可能にしうる範囲をはるかに超えた CMS の拡張を可能にします。

また、ほとんどの CMS ベンダーが現れては消えていったことも忘れてはいけません。プロプライエタリソフトウェアは、あなたの成功をベンダーの成功と結びつけてしまいます。一方でオープンソースの力は、将来性を保証することにもつながります。

レガシー・プラットフォームがもたらす断絶

顧客体験を事業運営の中心に据えることは非常に重要です。これを実現するためには、完全に結合されたアーキテクチャを採用する必要があります。なぜでしょうか?

サイトコアのようなレガシー CMS や DXP ベンダーは、個々の問題に対するソリューションを複数つなぎ合わせてモジュール型アーキテクチャの擬似バージョンを作成しているため、顧客体験がバラバラになってしまいます。真の結合性がない場合、すべてのエンゲージメントチャネルに渡って、データの重複なしに大規模かつ一貫した顧客体験を提供することはほぼ不可能です。

アクイアは、オープンプラットフォーム、コンテンツと顧客データにたいする構成可能なアプローチを組み合わせ、組織が顧客にたいして(B2C/B2B)、また組織が従業員にたいして(B2E)一貫した体験を思いのままに提供できるよう支援します。このアプローチにより、どのようなアプリケーションやインターフェイスでもコンテンツを迅速にスケールすることが可能になり、音声アシスタントやウェアラブル、さらには仮想現実や拡張現実のような新しいプラットフォームが登場する中で、体験が分断されてしまったり、他者よりも出遅るリスクを負うことを防げます。

身近なエキスパートを活用して、より効率的に作業を進める

オープンプラットフォームの力は、単に体験をつなぐにとどまらず、より迅速に結合することを可能にします。オープンプラットフォームの利用は異なるテクノロジーやデータソースの結合を容易にすると同時に、複雑でモノリシックなテクノロジースタックのオーバーホールを不要にします。

サイトコアは、サードパーティーのプロバイダーに頼るかたちでソリューションのクラウドへの展開や、既存のマーテックや顧客のデータソースへの接続を行います。これは、顧客がクラウドへのデプロイメントを必要とする場合、追加コストがかかることを意味します。言うまでもなくサイトコアのようなプロプライエタリベンダーを利用する際には、コーディングの問題や実装に関する質問に対応のためにスペシャリストを探す必要が生じます。

オープンプラットフォームとオープン CMS を組み合わせることで、市場投入までの時間を短縮し、スケーラビリティを高め、実装にかかる時間とリソースを削減することができます。 アクイアと Drupal を利用することで、恐れることなくアジリティーを解き放つことができます。アクイアに常駐する Drupal エキスパートは、Drupal 向けのカスタムコードはもちろん、インフラストラクチャーも含むあらゆる問題解決をお手伝いします。

複雑な参入障壁 vs. 直感的なユーザー体験 

デジタルは、もはや顧客体験のストラテジーにおいて「あれば便利」という程度の要素ではなく、顧客がブランドと対話するうえでの主要な経路となりました。これはまた、コンテンツを迅速に作成し、繰り返し更新する必要があることを意味しています。サイトコアの持つ複雑なアーキテクチャーとベンダー特有のツールゆえに、新しいサイトやコンテンツを立ち上げる際には、開発リソースやサードパーティーの専門家を増強して対応する必要が生じます。これは、組織が必要なものを適時に作る自由を失うことを意味します。その上、多くの技術的負債や、コンテンツの反復的な更新作業に必要なイノベーションのための時間が減ってしまうこと、またサードパーティーによるサポートを利用するためのインテグレーションコストなども負うことになります。

アクイアは、顧客が新しいチャネルやサイトを追加するたびに IT サポートに電話して時間を無駄にするわけにはいかないことを理解しています。アクイアの DXP は、使いやすいサイト構築ツールと直感的なインターフェースにより、マーケティング担当者やコンテンツ編集者による管理を可能にします。アクイアサイトスタジオは、エンタープライズDXP プロバイダーの中で唯一のローコードソリューションです。誰でも必要なものを構築できるようにすることで、ブランドはより迅速にイノベーションを進め、外部の専門家を雇うのではなく、技術的な人材を重要なところに集中させることができます。
 

シングルスタックにとらわれず、大規模に展開を

顧客の行動が急速に変化する中で、ニーズに適応しない閉鎖的なプロプライエタリプラットフォームに囚われて時間を浪費するような余裕はブランドにはありません。サイトコアは、総合的なデジタル体験プラットフォームを提供することを謳っています。しかし、真に拡張可能な機能を提供しているかというと、実際には独自のツールセットを複雑に束ねており、他のソリューションとうまく連携することができないのが実情です。サイトコアには、他の一般的なマーテックツールや CRM システムとの統合機能が標準装備されていません。一方、アクイアの DXP は最善のアプローチを採用しています。

アクイアの Marketing Cloud は顧客データ管理からパーソナライゼーション、マーケティングオートメーションまで強力な機能を提供していますが、これらのオプションだけに制限されるわけではありません。Drupal のオープンソースの基礎の上に構築された当社の柔軟なアーキテクチャーにより、何千ものプリビルトコネクターやモジュールに、利用開始後すぐにアクセスすることが可能となります。また、API ファーストのアプローチにより、余分なコストや何週間分もの IT サポートを追加することなく、他のツールと簡単に統合することができます。

世界が猛烈なスピードで変化する中、デジタル体験にアプローチする唯一の方法はオープンであると私たちは確信しています。オープンなアプローチは、デジタル・エコシステムの拡張や顧客との関係の発展にアジャイルに対応することを可能にします。

総合的な DXP の実現においてアクイアがサイトコアに勝る理由の詳細については、当社の資料をご覧ください。

ANNAI株式会社の写真

この記事を書いた人 : ANNAI株式会社

ANNAIは、2009年からDrupal専門のWebシステム開発会社として、世界規模で展開するグローバル企業や大学・自治体を中心に数多くのWebソリューションを提供。
CoreやModuleのコントリビューターなど、Drupalエキスパートが多数在籍。国内ユーザーコミュニティへも積極的にコミットし、定期的なセミナーの等の開催を通じて、オープンソース技術の普及や海外コミュニティとの緊密な連携を図っている。
Webシステムの企画・開発〜デザイン、クラウド運用までをワンストップで提供する他、Drupalのコーディングを評価する"Audit業務"や最適なモジュールの調査・選定等、幅広いコンサルティングを行っている。Drupalアソシエーション公式パートナー。

関連コンテンツ